平均身長の水準と比較して

皆さん身長の高さや低さは何を基準に考えていますか。



身長の高さや低さは平均身長の数値を基準に考えていると思います。



平均身長の数値を知らなくても自然と周りに目が行き自分の身長の高低を知る事になりますよね。



さて身長の高さは成長期の成長ホルモンの分泌によって決まるといっても過言ではありません。



人間は成長期に劇的に身長が伸びていきます。



しかしながら成長ホルモンの分泌が終わると同時に身長の伸びが止まってしまいます。



つまり大人になると身長の伸びは期待出来ないという事です。




成長ホルモンの分泌は睡眠時に最も多く分泌されます。



もちろんその他のタイミングでも分泌は行われています。



これは皆さんご存知かと思います。



また生活水準も身長には大きな影響を与えていると言われています。



生活水準と身長、つながりはない様に感じますが実は大きな関係があるのです。




生活水準の違い、つまり習慣の違いは食べ物の違い等があります。



また国によって生活水準は大きく違い、飢餓に苦しむ国も多くあります。



これが大きく身長に関係しているようです。



身長の伸びには栄養が大きく関係しています。



栄養摂取と成長ホルモンは深い関係にあります。



生活水準が違う事で成長ホルモンの分泌に大きな影響を与え、身長の伸びに影響しているとも考えられている様です。