正しい睡眠習慣で身長を高く

身長を高くするためには睡眠時間を見直す必要もあります。



最近は夜更かしをして、睡眠時間が大人並みに少なくなっている子供が増えてきていますが、これは身長の伸びを妨げる要因になっているのです。



身長の伸びと睡眠では結びつきがない様に感じますが、実はとても重要な関係があるのです。




睡眠時には、身長を高くするために必要な成長ホルモンの分泌が多いのです。



またさらに多くの分泌を促す為に、睡眠の時間帯もあるのです。



成長ホルモンが多く分泌される時間帯は、夜の11時から深夜2時にかけてと言われています。



成長期に多く分泌される成長ホルモン。



効果的に多く分泌させて、身長の伸びに役立てていきましょう。




夜更かしをしてこの時間帯に起きているとうまく成長ホルモンが多く分泌されなくなってしまいます。



充分な睡眠は子供の心や体に大変いい影響を与えてくれます。



また夜更かしをする事で次の日の体力にも影響が出てきます。



身長の高さだけでなく、健康面でも早めの就寝を、身につけてあげて欲しいものです。




身長の高さは大人になってコンプレックスを感じるものです。



しかしながら身長の劇的な伸びを見せるのは成長期である、子供時代なのです。



この時期にいかに正しい生活習慣を身につけているかで、身長の高さに影響が出てしまうのです。



生活習慣は大人が気をつけてあげなければ、子供には身につける事は出来ません。



注意して正しい生活習慣を身につけておいてあげたいものですね。