身長を伸ばす為に出来る事

身長の伸びは成長期と呼ばれる、思春期が終わるまでの子供時代に大きな伸びを期待出来ます。



もちろんこれには個人差はありますが、大抵のケースではこの成長期を過ぎてしまうと身長の伸びに関しては、あまり期待は出来ないという考えが一般的な様ですが、本当に成長期が終わってしまうと、身長の伸びはなくなってしまうのでしょうか。



確かに身長は体重と違い自己管理をしたところで自由に数値を変える事はできません。



しかし成長期が終わっても、身長の伸びを経験している方も大勢いらっしゃるのも事実なのです。




もちろんその逆も然りで、成長期には身長が伸びるはずといいながらも伸び悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。



つまり成長期は身長の伸びを多く見受けられますが、個人差はあるという訳なのです。



また成長期には身長の伸びが見られなかったという人も大人になって身長が伸びたという方もいらっしゃいます。



本当に人それぞれで、自分が思うように伸びを見せてくれないのが身長というものです。



身長の伸びには例外が多いのです。



身長に関しては様々な研究がなされていますが、まだまだ改名されていないこともたくさんある様です。



身長の伸びる時期や条件などは絶対的なものがある訳でもないですから、まさに天に運を任せるといった気分の方が多いのではないでしょうか。




確かに身長の伸びには、絶対的な条件や年齢が決まっている訳ではありませんが、遺伝が大きく影響しているというものではないので、身長が伸びていくメカニズムを理解することでかなり身長の伸びに貢献できるのです。



身長の伸びは骨が伸びる事で起こります。



まずは骨について色々と調べてみるとよいですね。



身長の伸びに大きく関係している骨といえば、やはり脊髄と足の骨でしょうか。



骨が伸びを見せるには骨の先端にある骨端線という細胞がカギを握っていると言われています。



骨端線の活動を活発化する為にはコラーゲンやたんぱく質などといった栄養をバランスよく摂取していく必要があります。



よく身長を伸ばすためにはカルシウムの多く含んだ牛乳を飲む方が多い様ですが、カルシウムだけでは骨は伸びを見せてくれません。



骨の形成に役立つ栄養は一つだけではないのです。



必要な栄養をバランスよくとっていく事で、体内で骨が形成されていくのです。




成長期には身長が伸びていくものですが、骨が劇的に大きくなる時期は成長期の中でも限られていると言われています。



その時期をいかに過ごすかで身長の高さが決まるといってもいいのではないでしょうか。



生活習慣を見直し骨の形成によりよい環境を作る事はとても大事です。



栄養を摂取する事は大事ですが、運動をして骨を刺激したり充分な睡眠をとる事も大事です。



遺伝が大きく関係しているといわれていましたが、研究の結果遺伝は身長の伸びに2割程度しか関係ない事がわかっています。



身長の伸びには生活習慣が大きく関係しているのです。



睡眠と運動と栄養摂取、これらを見直し改善する事で身長の伸びはかなり期待出来るかと思います。



ストレスも身長の伸びの妨げになると言われていますので、うまくストレスをかけない様にする事も必要です。



成長期とよぶ子供時代にはこれらがうまく自分で管理出来ないものですから、大人が習慣つけてあげたいものですね。




では身長の伸びのメカニズムや身長を高くするために出来る事などを色々と取り上げていってみましょう。



知る事はとても大事な事です。



知識を蓄えて身長の伸びをサポートできるとよいですね。