ホルモンの分泌で身長が伸びていく?

身長が伸びる為に重要な役割を担っているホルモンをご存知ですか。



成長ホルモンは皆さんご存知でしょうが、成長ホルモンだけが身長の伸びに貢献しているわけではないのです。



この他にも身長を伸ばす為に重要な役割を持つホルモンがあります。



成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性腺ホルモン、この三つのホルモンがバランスをとって上手にそれぞれの働きを発揮するのです。




成長ホルモンが、先述した記事にある骨端線の細胞に直接働きかける事で、成長を促す作用を与えるホルモンであるそうです。



この他の甲状腺ホルモンや性腺ホルモンはどの様な特性を持っているのでしょうか。



ここで取り上げてみましょう。




甲状腺ホルモンは、各種細胞の働きを効率よくアップさせる働きを持っています。



甲状腺ホルモンが不足してしまうと軟骨芽細胞の働きが悪くなってしまうと言われているので、成長ホルモンがうまく活用されず、身長の伸びを妨げてしまいます。



また性腺ホルモンは不足すると思春期が体内で思春期を迎えることがなくなってしまいます。



つまり成長期が早く終了してしまうのです。




この三つのホルモンがバランスよく分泌されることで、身長の伸びを促してくれる仕組みが出来上がるのです。



もちろん他のどのホルモンが特化して分泌されても、うまく身長の伸びに貢献してくれません。



成長ホルモンと甲状腺ホルモン、性腺ホルモンがうまく分泌s手助け合う事で、体内で骨の形成を助け身長の伸びへと繋がっていくのです。