身長の伸びる時期があるのか?

身長の伸びには個人差があります。



また伸びる時期も人それぞれで差がありますよね。



とはいえ、身長の伸びる時期にはある程度共通点もあります。



身長の伸びが劇的に感じられる時期というのは、やはり成長期とよばれる思春期を終えるまでの子供時代ではないでしょうか。



赤ちゃんから十数年という時期に人は何倍も身長の伸びを見る事ができます。




人間は生まれたときから数年の間に激的な身長の伸びる時期に突入します。



50cm程度の身長で生まれ、その後には数十センチの伸びを見せるわけです。



生まれてから4年の間に焼く2倍ほどの身長の伸びを見ることが出来ます。



もちろんその後子供時代に身長の伸びを見せますが、この生まれたときからの数年の間の様な伸びを見る事は出来ません。



大幅な身長の伸びは、ある程度時期が限られているのです。




激的な身長の伸びは、2度見られます。



先述した乳幼児の時期とその後思春期の第二次成長期と呼ばれる時期に激的な伸びを見る事が出来ます。



第二次成長期では、個人差はありますが1年間で10cm程度の身長の伸びを見る事が出来ると言われています。



これは思春期が終わる時期まで身長の伸びを見る事が出来ます。



またこの時期は女子よりも男子の方が身長の伸び率は高い様です。