伸長という言葉のもつ意味

身長は自分で努力して伸ばす事は出来ない、そう思っている方は多いのではないでしょうか。



遺伝だからと諦めている方もまだまだ多い様ですね。



確かに身長派体重と違い努力して注意した所で即座に結果が見えるものではありません。



思うように数値を管理出来ないのが、身長というものです。



ただ努力を続ければ身長は伸ばす事が出来るかもしれないのです。



皆さんはどうしますか?このまま諦めますか?それとも少しでも身長を伸ばす為の努力をしますか?




身長は思う様に伸びを見せてくれないからこそ、強くコンプレックスを抱いてしまいます。



確かに成長期を過ぎてしまうと思うような身長の伸びは期待する事が出来ません。



が、大人になっても色々と生活習慣を見直す事で、激的な伸びはなくても多少は伸びを期待出来るかもしれません。



もちろん成長期に生活習慣を見直すともっと身長を高くする事が可能になります。



身長に遺伝は関係ないのです。



まずは生活習慣全般を見直していく事が大事と言われています。




身長を伸ばす為に出来る事を伸長法といいます。



伸長法には様々なものがあり、ネットなどで検索すると様々なものを見つける事が出来ます。



手当たり次第に試した方もいるのではないでしょうか。



伸長法の情報は多く、それらが必ずしも自分にあっているかはわかりません。



また短期で集中して行っても結果がついてくる訳でもありません。



伸長法を試すのであれば、まず自分の体内では身長の伸びに関する何の要素が足りていないのかを知る事が大事です。



身長の伸びには様々な要素が絡んでいます。



その中で自分にないものを見つけることが大事なのです。




自分の身体を知る事で、身長の伸びを効果的にアップさせる伸長法を知りましょう。



様々な伸長法の中で自分が長く続けていけそうなものを選ぶことです。



身長の伸びは長期に渡って継続する事で結果がやっと見えてくるものです。



成長ホルモンの分泌異常で発症する低身長という病気も長期に渡って治療を行っていきます。



それと同じで伸長法も続けてこそ意味があるのです。




伸長法には様々なものがあります。



器具を購入したりサプリメントを試したり。



本当に色々な伸長法が溢れています。



こういった器具やサプリメントを試すこともいいのですがまずは生活習慣を見直すことから始めましょう。



伸長法として販売されているグッズを活用しても、生活習慣が乱れていれば意味がありません。



効果が半減してしまいます。



せっかくお金を払って行う伸長法ですから、最大限に効果を引き出したいですよね。








身長の伸びの要素には生活習慣は大きく関係しています。



今まで遺伝が大きく関係していると思われてきましたが、遺伝は2割程度で生活習慣は8割も影響するといわれているのです。



それだけ生活習慣は身長の伸びに大きく影響を与えているのです。



睡眠、運動、栄養摂取このどの生活習慣もかけては身長の伸びは期待出来ません。



まずはこれらを真剣に見直していきましょう。




身長の伸びは確かに自力でなんとかするのは難しいものです。



体重管理や健康管理の様にすぐに結果が出るものではありませんし、思うような結果が得られない場合もあります。



ただ今までのようにすべて諦める要素はなくなっているのです。



努力すれば大人でも身長をわずかでも伸ばす事は可能です。



身長を高くするためにまずは行動を起こしてみませんか。