子供の身長の伸び悩み

子供の成長は周囲の大人にとって、とても喜ばしいものです。



子供には様々な成長がありますが、目に見えて成長を感じるのはやはり身長の伸びではないでしょうか。



また自分の身長の低さのコンプレックスを感じ、子供には同じ思いをさせたくないと願っている親御さんも多いかと思います。



その為子供の身長の伸びには余計に一喜一憂してしまうのでしょう。




身長の伸びには個人差がありますが、あまりにも身長の伸びが周囲の同じ世代の子供たちよりも劣っている時には、注意が必要です。



個人差がある身長の高さですが、伸び悩みの裏に病気が隠れているケースもあるからです。



身長が伸びない事に関する病気は早期に発見し治療を行う事で、かなり改善され治癒するケースが殆どです。



最近よく聞く身長に関する病気といえばやはり低身長でしょうか。



この病気は成長ホルモンの分泌が好くない事で発症する病気ですから、ホルモン投与などを行って治療をすると改善が見られるのだそうです。




この他にも女児だけにみられるターナー症候群も身長に関する病気の一つです。



こでは染色体異常によって発症する病気ですが、身長の伸びだけでなく、生理が来なかったり無月経になったりするケースも見られるのだそうです。



何にしろ病気は早期発見して治療を行っていく事が重要です。



身長の伸びに関しても、気を配っていれば病気を早く発見することが出来るのです。



個人差があるものとはいえ、大人がキチンと気を配っていてあげたいものです。