成長期に行う伸長法とは

人の身長は成長期と呼ばれる子供時代に劇的に伸びをみせていきます。



成長期に身長が伸びるメカニズムはどうなっているのでしょうか。



これを理解する事で、さらに身長の伸びを期待出来るようになるのではないでしょうか。



ここでは慎重が伸びるメカニズムと伸張法について取り上げてみましょう。




伸張が伸びる為には、骨端線という骨の先端にある軟骨細胞が増殖することで、骨を大きく形成していく必要があるのです。



その増殖を促す為に、軟骨細胞の動きを活発化するコラーゲンやたんぱく質、カルシウムが必要になってきます。



もちろんこの栄養だけではなく、この動きを活発化する為には、成長ホルモンの分泌も多くする必要があります。



このメカニズムが身長を伸ばすのです。




この身長の伸びに関するメカニズム理解できれば、おのずと伸張法がわかるかと思います。



まず骨の原料となる栄養の摂取する事が大事ですね。



またいくら栄養があってもそれを活用出来る為の成長ホルモンを分泌させる必要があります。



成長ホルモンの分泌は睡眠時により多く分泌されるといわれていますので、良質な睡眠をとる必要があります。



また運動をする事で、骨に刺激を与えてやる必要もあるので、適度な運動も日常的に習慣化してあげましょう。



これらの生活習慣を見直すことが、伸張法となるのです。



子供が自分でこういった生活習慣を身につけていく事は難しいものです。



周囲の大人が気遣って正しい生活習慣を身につけるサポートをしてあげましょう。