成長ホルモンについて考えてみよう

成長ホルモンという言葉を聞いた事がありますか。



私達の体内にあるホルモンの一つで身体の中で重要な役割を担っているものです。



成長ホルモンは身長の伸びにも大きく関係しています。



最近では新陳代謝にも関係しているといわれ、アンチエイジングとして美容業界でも注目を集めているので、メディア等でも多く取沙汰されていますので、名前だけは聞いた事があるという方も多いのではないでしょうか。




まず成長ホルモンとは一体何なのか、これを知っていきましょう。



脳にある脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌されています。



主要な成長ホルモンは191個のアミノ酸から構成されていて、1965年に始めて成長ホルモンの摘出に成功したのだそうです。



この後研究も進み広く成長ホルモンについて知れ渡ったのだそうです。



実はこの頃からアンチエイジングとしても注目されており、当時は今よりももっと高額な費用がかかると言われていました。



その費用は当時の紙幣でもかなりの高額で2500以上もかかっていたのだそうです。



本当にセレブ層の方達だけが知る、究極のアンチエイジング法だったといえるでしょう。



今でもアンチエイジングに成長ホルモンが最も効果的であると言われています。




身長の伸びやアンチエイジングで活躍する成長ホルモンは、私達の体内でどんな働きをしているのでしょうか。



まず成長に冠する作用を持っているのは皆さんご存知でしょう。



身長の伸びに大きく貢献しているのはこの働きです。



骨を伸ばしたり筋肉を作ったりする為に体内に働きかけているのが成長ホルモンの持つ役割です。



成長期にはこの成長ホルモンが多く分泌されて成長を促す様に働きかけているのです。



その為成長期には大幅な身長の伸びが期待出来る時期なのです。



この他に成長ホルモンは代謝に関する作用を持っています。



代謝が体内でうまく行われずにいると生命活動全般がうまく回らなくなってしまいます。



髪の生え変わりや発汗などにも作用しているのです。



こういった代謝の全般に働きかけている重要な成長ホルモンですが、大人になると分泌が著しく低下してしまいます。



その為、人間は老化が進んでいくのです。



アンチエイジングとして成長ホルモンを投与する事で、老化を抑制する事が出来るとも言われています。



美容業界で注目されているのはこういった理由からです。




成長ホルモンは成長期の子供たちだけでなく、大人の私達の体内でも重要な役割を担ってくれているのです。



確かに成長ホルモンの分泌量は成長期のそれと比べるとかなり少ないものになりますが、分泌を促す事は可能です。



生活習慣を見直していくだけでも、成長ホルモンの分泌を促す事は出来るのです。



それでなくとも減少している分泌量ですから、これ以上少なくなる要素は出来るだけ排除したいですよね。



成長ホルモンをより多く分泌させることで、体調もかなり変わって来ます。



それほど重要な役割を持っているのです。




身長の伸びだけではなく老化にも関係のある成長ホルモン。



出来るだけ多くの分泌を促し手体内で活躍してほしいものです。



そうする事で自然とアンチエイジングに繋がっていくのですから。



治療で使用されている成長ホルモンですが、最近では美容目的で使用する方も多い様です。



元々体内にある成分ですから、副作用も考えずに活用出来るので安心して使用することが出来るのでしょう。



成長ホルモンの投与は経口では行いませんので、注射もしくはスプレー等で舌下投与して体内に吸収させていきます。




成長ホルモンは私達の体内になくてはならないものです。



ここでその特性と必要性を知り、もっと上手に分泌を促す生活を心がけてみましょう。



身長だけではなく体調全般において改善がみられるはずです。