成長ホルモンが分泌される年齢

身長の伸びには成長ホルモンの分泌が重要なポイントとなっています。



成長ホルモンは体内で骨や筋肉の形成を促す重要な役割を担っているホルモンです。



この他にも栄養素の分解などの代謝も促進させる働きをもっている人には欠かせない重要な役割を持つのが成長ホルモンなのです。




成長ホルモンというと、身長の伸びにだけ関連がある様に聞こえますが、肌があれたりするのもこの成長ホルモンの不足があげられるのです。



また筋肉が体内でうまく作られずに脂肪率があがり肥満に繋がってしまいます。



成長ホルモンは身長の伸びだけでなく、私達の体に様々な影響を及ぼしている重要なものなのです。




この成長ホルモンは年齢によって分泌量が大きく変わってきます。



一番多く分泌される年齢は限られており。



その際に身長が劇的に伸びを見せるのです。



成長ホルモンの分泌は年齢を重ねるごとに減少していきます。



その為、大人になるといくら伸張法を試しても思うような結果g和えられないといった事態になる訳ですね。




成長ホルモンがより多く分泌される年齢は誕生から2年までの間と、10歳前後、あと10代後半と言われています。



もちろん個人差はありますが、大体この時期に成長ホルモンが多く分泌されていくと言われています。



ただ、この時期を逃したからといって全く分泌されなくなるというものではありませんから、安心してください。



大人になっても身長を伸ばす事は多少は期待出来るという事ですね。