子供がなる成長ホルモンによる病気

成長期の子供には大人よりもより多くの成長ホルモンが分泌され、身長の伸びの貢献してくれています。



その成長ホルモンの分泌に異常があると成長障害を引き起こしてしまいます。



ここでは成長ホルモンが引き起こす病気について取り上げてみましょう。




成長ホルモン分泌不全性低身長症とは、成長ホルモンの分泌量が減少する病気の一つです。



成長ホルモンの分泌量が不足してしまうと、体内でソマトジンCを作り出す事が出来なくなってしまい、身長の伸びが期待できなくなってしまいます。



平均身長と比較するとその数値はかなり下回っている事がわかります。



治療法はもちろんあります。



成長ホルモンの分泌が不足する病気ですから、ホルモン投与で治療を行っていきます。




この病気についての原因は突発性のものから、脳下垂体の異常で引きおこされると言われています。



治療法は個人によって違いますので、一度しっかりと検査してもらう事をオススメします。




こういった病気については、早期に発見し治療をしていく事で症状を改善する事が可能です。



身長の伸びには個人差がありますから、あまりに過敏になるのも考えものではありますが、やはり子供の時には周囲が注意して身長の伸びを見守っていく必要があるのです。