大人も成長ホルモンが大事

成長ホルモンの分泌は子供のときに多くみられるのですが、大人になっても分泌は行われます。



成長ホルモンの異常の病気は大人にもあるのです。



成人成長時ホルモン不全症というのがその病気です。



成長ホルモンの分泌が妨げられてしまいこの病気が発症するのですが、主な原因として考えられるのは、脳下垂体の周辺に出来る腫瘍と言われています。



また子供の頃にこの同じ症状の病気を発症した場合にも、再発しやすいのだそうです。




子供の頃にこの病気にかかると身長の伸びの低下といった症状が目立って出てきますが、大人になると代謝に関係する症状が発症します。



大人になると成長ホルモンは脂肪を分解し血中コレステロールを低下する働きを持つのですが、この働きが低下してしまうのがこの病気の症状となります。



詳しくいうと、成長ホルモンの分泌が低下する事で中性脂肪が増えていき動脈硬化を引き起こす原因となってしまう訳です。




自覚症状としては、骨や筋肉が弱ってくるといったものがあります。



このほかにも活力が減少して集中力低下、また気力も低下してしまうのだそうです。



皮膚や体毛が薄くなったりするケースもある様ですね。



治療法としてはホルモン投与が一般的です。



定期的に成長ホルモンを投与する事で、不足している成長ホルモンの分泌を助けるのです。