美容と関わりのある成長ホルモン

成長ホルモンには様々な働きがありますが、その一つに皮下組織の水分保持をするという働きもあるのをご存知だったでしょうか。



成長ホルモンといえば身長を伸ばすためのホルモンと捕らえがちですが、体内では様々な役割を担う重要なホルモンなのです。




成長ホルモンの分泌量が多い成長期と呼ばれる時期の子供たちの肌は弾力があり瑞々しくツヤがあります。



これは成長ホルモンが分泌され肌の水分保持を行っているからなのです。



大人になると肌の老化が進んでいくのは成長ホルモンの分泌が成長期と比較すると少なくなってしまうからなのです。



逆をいえば成長ホルモンの分泌を多くすると、肌のつややハリは損なわず、老化を予防しいつまでも若々しく入られるという訳ですね。




そうなのです。



成長ホルモンは身長を伸ばすためだけではなく、アンチエイジングや美容に大きく影響を与えるものなのです。



美容業界でも成長ホルモンには注目しているので、注射等で投与する事が可能となっています。



成長ホルモンは経口での投与は出来ませんから、注射で投与していく事になります。



成長ホルモンは定期的に投与しなければ効果を得る事が出来ません。



その為1週間に4〜5回は投与をする事になります。



また半年から一年の間ずっと定期的に投与していきます。



筋肉を作る時にも成長ホルモンは影響していますので、美肌だけでなくバストアップやヒップアップにも効果があるのだそうです。