身長の伸びない理由を考える

成長ホルモンの分泌異常で、身長の伸びが著しく低下したケースでは、成長ホルモンの投与という治療が行われていきます。



身長の伸びが低下する病気を低身長といいますが、この低身長の原因は成長ホルモンの分泌異状によるものです。



ではどうして成長ホルモンの分泌が低下してしまうのでしょうか。




実はこの低身長の原因はまだはっきりと解明されていません。



突発的に発症するケースや、遺伝子の欠損などで起こるケースなど様々な原因があるのだそうです。



親がこの低身長であった場合には、子供もそれが発送するのかといえば、それはあまり関係なく発症はないというケースが多いのだそうです。



遺伝はあまり関連性がない様です。




低身長の方を調べてみると全体の3分の1程度の方は脳の腫瘍が原因で脳下垂体の機能が異常をきたし成長ホルモンの分泌量が下がってしまっているという結果がでているのだそうです。



突発的に発症する低身長に関しては、まだまだわからない事が多く改名されていない様です。




低身長の原因も殆どが成長ホルモンの分泌に関する事が原因です。



原因はまだまだこれから解明する余地もありますが、治療法は確保されているので安心してください。



早期に発見し成長ホルモンを投与する事で改善される事が多い様です。



成長ホルモンの分泌異常が原因で起こる病気には様々なものがありますが、どれも早期発見、早期治療でかなり改善は見込めるようです。