成長ホルモン治療で期待出来る効果

成長ホルモンは近年アンチエイジングとして活用され注目を集めています。



元々低身長の治療などで使われていた成長ホルモンですが、近年では美容業界でも活用され話題になっているのです。



成長ホルモンとは元々私達の体内にあるもので、農からうけた指令を元に分泌を行い、身長の伸びや代謝など様々な方面で効果をもたらす重要な役割を担うホルモンです。



私達の身体にはなくてはならないのが、成長ホルモンなのですが、成長期が終わり年齢を重ねていくごとに、次第にその分泌が少なくなってきます。



この為20歳を過ぎた頃から老化が進み始めるのだそうです。




成長期には欠かせない役割を持っている成長ホルモンは、その分泌量も多く体内で身長の伸びに貢献しています。



その為骨は大きくなり筋肉は発達し身長が伸びて大きくなっていくわけです。



もちろんこれだけではなく代謝に係わる作用も行っています。



若い頃には気にしなくても痩せていたり、肌も艶やかで弾力があったでしょう?それはこの成長ホルモンが多く分泌されている時期だからなのです。



成長ホルモンの分泌が少なくなり始める頃からどんどん老化は進んでいくのです。




逆に考えると、成長ホルモンを外的に摂取すれば身長の伸びやアンチエイジング効果がえられるという事もいえます。



体内での分泌が少なくなる分を補う事で、身長の伸びが期待出来るし、老化も抑制する事は可能という事ですね。



確かに美容業界でも注目されている成長ホルモンですから、かなりの効果は期待出来るようです。



ただ成長ホルモンは経口で摂取する事が出来ず、直接投与のみとなっています。



成長ホルモン注射は治療で活用されていますが、アンチエイジングは美容目的であり病気治療ではありません。



その為費用が高額なものとなってしまうのがネックなのです。




アンチエイジングに活用するために成長ホルモンがかなり注目されている事もあり、最近では注射よりもより安価で利用できるスプレータイプのものが販売されています。



これは舌下に直接投与し、吸収させるというものでいくつか注意する点がある様です。



成長ホルモン注射よりも安価になったとはいえ、5〜6万円の費用はかかります。



ただ注射は2-00万円の費用が必要となっていますので、それと比較するとかなり安価で活用出来る様になりました。




成長ホルモンの直接投与は分泌不全による低身長の治療にも活用されます。



もちろんこの時には保険が適用されますから、費用はグンと安くはなる様です。



ただ長期に渡って投与する必要がありますので、根気が必要な治療となっています。



毎日就寝前に投与を行うので自宅注射を行う様です。



針も極細で傷みも少ないので注射に関するストレスはそんなに感じなくてもよいでしょう。



また皮下注射となっていますので、痛みも殆ど感じないのだそうです。



成長ホルモンを直接投与している間は、生活習慣の改善も指導されます。



せっかく投与していても、分泌の効果が表れる環境を整えてやらなければ意味がないからです。



これはアンチエイジングで成長ホルモンを投与している場合にも同じ事が言えます。




この様に成長ホルモンを直接投与して、慎重の伸びやアンチエイジング効果を期待することが可能という事を取り上げています。



まずはここで成長ホルモンについて学び、知る事が大事です。



成長ホルモンは元々私達の体内にあるものですから、副作用がなくリスクが低いのも利点といえますね。



こういった事を知り、成長ホルモンをうまく分泌させ身長の伸びやアンチエイジングに役立てていきましょう。