成長ホルモンスプレーを使うには

最近注目されている成長ホルモンスプレーですが、使用法は簡単ですが注意点もいくつかある様です。



成長ホルモンスプレーは舌下へスプレーして投与を行います。



1日に数回に分けてスプレーを行いますが、スプレー後は30分程度飲食を控えなければなりません。



毎日投与していきますが、1週間に2日間はスプレーをしない日を設ける事になっています。




また飲み込むのも厳禁です。



体内に吸収されるのだから飲んでもよいのではと思うでしょうが、成長ホルモンは経口で摂取出来ないのです。



飲み込んでしまうと胃腸で成長ホルモンが分解されてしまい成分が消化され高価がなくなってしまうのです。



経口で治療できるのであれば、通常の病院での治療も薬を処方出来ますが、こういった理由で注射で直接投与しているのです。




使用量は目的に応じて遼を調節する様ですね。



身長の伸びを期待するのであれば1本30mlのものを1カ月に1本程度、アンチエイジングが目的であれば3か月に1本程度を目安に投与していくと良い様です。



成長ホルモンの投与というと、副作用が気になる方も多い様ですが、容量や使用法をしっかりと守れば、元々体内にある物質を投与しているのですから、副作用の心配は殆どありません。



また既往症がある場合には投与は出来ませんので、注意書きなどをしっかりと読んで投与していきましょう。