成長ホルモンスプレーの悪い噂

成長ホルモンスプレーには今大変注目が集まっています。



マスコミ等のメディアでも報道されているので、名前やその効果は聞いた事があるという方も多いのではないでしょうか。



とはいえ、医療目的で本来なら使用されているものですから、興味はあっても安全性について不安を感じる方も多いのではないでしょうか。



ここでは成長ホルモンスプレーの安全性について、取り上げてみましょう。




リスクとして取り上げられたもので気になるのはやはり発がん性に関する事ではないでしょうか。



これは成長ホルモンという名前によるものだと思うのですが、ガンが発生する要素を持った製品という訳ではありません。



また成長ホルモンが作用するものは、タンパク同化作用、脂肪分解作用、骨伸長作用、皮下組織水分貯留作用といったもので、がん細胞に作用するものではないのです。



発ガン物質なのではと不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、元々は低身長の治療にも用いられているのが成長ホルモンです。



ガンが発生するという症例はありませんので、安心してください。




成長ホルモンは元々体内にある物質です。



また洗浄溶液の悪影響も心配されていますが、成長ホルモンに使用されている洗浄溶液の濃度は極わずかなもので人体に影響があるものでもありません。



用法や注意点を守って使用すれば、何も不安になる事はないと思います。



もちろん既往症がある場合には、投与が禁止されますので、処方は医師から行うとより安心して使用する事が出来ますね。