成長ホルモンの分泌を高める理由

代謝が落ちると老化が進行します。老化を遅らせるためには、成長ホルモンの分泌量を高めればよいのです。成長ホルモンは、人間の代謝作用に大きく関わっています。成長期に身長を伸ばしたり丈夫な身体を作ってくれるのです。

アルギニン成長ホルモン

アルギニンが含まれる食べ物を積極的に摂取すれば、脳下垂体の機能を刺激し成長ホルモンの分泌量を増加させる効果があります。アルギニンという物質が足りなくなると、成長ホルモンを分泌する脳下垂体の機能に低下がみられるようです。

足つぼ療法と成長ホルモン

足つぼ療法は、自宅で簡単にできてお金もかかりません。ぜひ試してみてください。成長ホルモンの分泌を促すためには脳下垂体を活性化することが大切です。足の裏のツボを押すことで活性化できます。

成長ホルモンの分泌と睡眠

食事は就寝3時間前に終え、眠りにつくまでに消化を終えましょう。そして眠りを深くする効果がある栄養素を積極的に取り入ましょう。成長ホルモンを分泌する脳下垂体は、深い眠りであるノンレム睡眠の時に一番活性化されます。いかに熟睡できるかが成長ホルモンを増やすカギなのです。

成長ホルモンと運動の関係

ハードかもしれませんが、効果的に成長ホルモンの分泌量を増やす方法として筋トレがあります。筋トレをすると、筋肉組織が壊されるため、脳下垂体が筋肉を治そうと多くの成長ホルモンを分泌しようとします。しかし、身体への負荷も大きいので無理はいけません。

医学界での成長ホルモンの研究

近年では、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促す物質が開発されました。成長ホルモンの市場が増え、医学界でも研究が進んでいますが、保険適用が無く医療費も高額なので、まだまだ現実的とは言えません。

成長ホルモンの分泌を促進するサプリメント

脳下垂体を刺激する薬剤の投与には、かなりの医療費がかかるため現実的とは言えません。そこでもっと簡単な方法としてサプリメントがあります。脳下垂体を刺激する効果のある栄養素のサプリを効果的に使って、成長ホルモンを増やしましょう。

成長ホルモンとスロートレーニングの関係

筋肉疲労によって筋肉が壊され、乳酸が発生すると、脳下垂体に信号を送って成長ホルモンの分泌量を増加してくれる身体に負担をかけない筋トレやスロートレーニングが最近人気です。