成長ホルモンの分泌を高める理由

人間の成長ホルモンは、ヒト成長ホルモン(Human Growth Hormone ヒューマン・グロース・ホルモン)と呼ばれており略してHGHと言います。



成長ホルモンは、脳の一部分である脳下垂体というところで生成されていて、私達の体内で生成されて分泌されているのです。




人間の身体が正常に代謝を行ったり、成長できるのはどうしてでしょうか?成長ホルモンは、人間の身体をつくるためには欠かせないホルモンなのです。



成長ホルモンは臓器の機能を強める働きをしています。



さらに、成長ホルモンというのは、さまざまな組織や器官に働きかけ、身体を成長させているのです。



例を挙げると、強く大きな骨を作るのために骨の組織に働きかけているのです。



骨の生成が活発になると、背を高くすることも可能なのです。



そして、臓器の場合、ただ機能の強化を行うだけではありません。



その臓器にとって一番最適な状態が長く続くように調整役を担っているのです。



成長ホルモンは、骨や臓器以外でも調整役を担っているのです。




私達の身体には脂肪と筋肉があります。



この二つ重要な役割を果たすのが運動時です。



この二つは絶妙のバランスで働いています。



バランス良く働くために成長ホルモンが、脂肪と筋肉のバランスを調節しているのです。



それと同時に、普段の生命活動において消費されるエネルギーをおこす代謝の作用のバランスも均等になるのです。



また成長ホルモンは、免疫機能の働きを活性化しています。



免疫機能が強くなると、ウィルスなどにも勝てる身体を作ることができるのです。



このため、健康で病気になりにくい身体作れるようになります。



このように成長ホルモンは、私達の身体にとって良い事づくめのホルモンなのです。



成長ホルモンの分泌量は、老化を計るバロメータとなっています。



成長ホルモンの分泌は、一般的に小学校の低学年と、いわゆる思春期の時に活発になると言われています。



よって私達は、この成長ホルモンの分泌が増える時に背が急に伸びたり、大人の身体づくりをしているのです。




しかし加齢とともに、成長ホルモンの分泌は少なくなってしまいます。



特に40代を迎える頃には、成長期のピーク時と比べて、約4割程にまで減ってしまうようです。



ということは、いつまでも若々しい肉体のままでいたいなら、成長ホルモンの分泌を活性化させればよいよいうことになります。



現在では様々な方法によって、年齢を重ねてからでも成長ホルモンの分泌能力を高めることができるという報告もあります。




そして、成長ホルモンには、私達の身体を健康にする作用もあるのです。



成長ホルモンの分泌を高めれば、若返りに繋がります。



そう思えば行動したいと意欲も湧くでしょう。



まず成長ホルモンの分泌を促すためには日常生活を見直すことが大切です。



つまり成長ホルモンの分泌を活発にするには、規則正しい生活を送るだけでよいのです。



日頃の生活を正すだけで実践できることばかりです。




成長ホルモンが分泌される脳下垂体を刺激することによって分泌量を増加させる方法を、いろいろと紹介していきます。



すぐに今日からでも実行に移すことができるような方法ばかりで難しいことはありません。



成長ホルモンの分泌を活性化させて若返りましょう。