アルギニン成長ホルモン

成長ホルモンと食生活について見ていきます。




成長ホルモンは思春期に分泌量のピークを迎えると加齢にしたがって分泌する量は減っていきます。



しかし日頃のちょっとした工夫により、成長ホルモンの分泌の減少を止めて、分泌を増やすことも可能なのです。



食物に含まれている成分の中に、アルギニンというものがあります。



アルギニンの含まれている食べ物を食べて体内に吸収されると、アルギニンが血液中に流れ込みます。



そしてまず、各臓器で成長ホルモンの働きを活性化させるのです。



実はこのアルギニンには、脳下垂体を刺激し成長ホルモンの分泌を活発化する働きがあるのです。



しかもアルギニンが成長ホルモンの分泌を高めるということはデータとしても証明されており、成長ホルモンの分泌量が4〜5倍程増えた子供もいたようなのです。




低身長児という身長があまり伸びない子供たちに、アルギニンを投与するという実験が世界で行われました。



アルギニンを投与した子供は成長ホルモンの分泌が増えているという結果が出ました。



これは、アルギニンが足りなくなると脳下垂体の機能が下がるからです。




アルギニンは鶏肉などに多く含まれています。



積極的に摂取しましょう。



アルギニンを摂取すると脳下垂体が刺激され、成長ホルモンの分泌量が増加するのです。