成長ホルモンと運動の関係

さて、睡眠によって脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌量を増加させる方法を先述しましたが、運動も成長ホルモンの分泌を増加させるのに期待できると言われています。




成長ホルモンの分泌を高めるためには、筋トレをするのが効果的であるようです。



深い眠りをもたらすためには、適度な運動が効果的と言われますが、今回はその中でも筋トレによって脳下垂体を刺激する方法を紹介します。



筋トレをすると、筋肉の組織が壊されされ、「筋肉の壊れた組織をなおして、その部分を強固にしてほしいから、成長ホルモンをもっと分泌してほしい」という信号が脳下垂体に送られます。



すると、脳下垂体は、筋肉の修復能力を高めようと、成長ホルモンの分泌を活発にするのです。



しかし、筋トレは他の運動と比べると瞬間あたりにかかる負荷がかなり大きいです。



必ず1セットごとに一定の休憩をとるようにしてください。



この休憩の時間についても注意しましょう。



セットごとに休憩をとりますが、成長ホルモンの分泌を効率的に促すことができなくなってしまうので、インターバルは1分程度に抑えることが大切です。



あまり無理をしない範囲で行うようにましょう。