医学界での成長ホルモンの研究

医学界でも、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促すための研究が次々と進んでいるようです。



これまでは主に「ヒト成長ホルモン」自体を、低身長症や美容、アンチエイジング目的の患者さんたちに投与してきました。



しかし、最近では注射などによって「ヒト成長ホルモン分泌促進剤」という物質を投与して、人工的に成長ホルモンの分泌を増加させようという方法が開発されてきています。



これらの方法は、すでに何千という臨床実験が行われています。



安全性はそれらのデータにより確立されていますが、「抗老化医学」の専門医の管理下で投与され処方が必要です。




また、日本でも数年前からいくつかのクリニックがこれらの療法を行っています。



しかし、社会保険などが適用されないので莫大な医療費(年間250万円〜400万円程度)がかかります。



さらに、成長ホルモン注射のように手軽なものでもないので、現実的な方法とは言えないようです。