成長ホルモン剤の使用目的

成長ホルモンは、成長期に身長を伸ばす以外に、人間の生命活動に必要な代謝作用をスムーズに行う役割もあるのです。成長ホルモンが不足すると、身体のいたるところで不具合が生じます。これに対する治療法として成長ホルモン剤が使われるのです。

成長ホルモン剤の歩みとは?

成長ホルモンは、1965年に初めて抽出に成功しました。それ以降アンチエイジング法や、筋肉増強剤などいろいろな目的で使われてきています。しかし、FDAは病気で身長が伸びない子供への使用目的以外への効能を認めてはいません。

成長ホルモンは有効なのか?

成長ホルモンは、身長を伸ばすだけなく、人間が健康を維持していく上で大切な代謝作用にも影響を与えます。しかし、成長ホルモンは年齢とともに減少していくので、老化の原因ともなっているようです。それを防ぐために、成長ホルモンを投与する必要があるのです。

成長ホルモン剤を使った治療法

成長ホルモン剤を使った注射は、成長ホルモンの分泌が不足している場合に治療法として使用されます。皮下注射なので、ほとんど痛みを感じることもなく安心して使用できます。美容目的で成長ホルモン剤の投与を考えている場合は、ネットなどで簡単に購入しないで、必ず医師の処方を受けるようにしてください。

子供の身長と成長ホルモン剤

子供の成長ホルモン分泌異常には、突発性や脳腫瘍によって成長ホルモンの量が減少してしまい低身長になるものがあります。また逆に、成長ホルモンが過剰となる巨人症という病気もあります。子供が小さいうちから身長に気を配ってあげることが早期発見につながるのです。

大人成と長ホルモン剤

大人の成長ホルモン分泌異常には、成人成長ホルモン不全症と呼ばれるものがあります。これにかかると、代謝が下がり全身にいろいろな不都合が出てきます。治療は、成長ホルモンの投与によって行われますが、毎日同じ時間に摂取するようにしましょう。

アンチエイジングと成長ホルモン剤

成長ホルモンの分泌量は、美容に大きな影響を与えます。一番多く分泌される思春期には、肌のハリや潤いが保たれていますが25歳を過ぎると成長ホルモンの分泌量が半分にってしまうので、肌だけでなく筋肉も衰え、バストやヒップの垂れにもつながります。これを解消するためには、成長ホルモン剤を投与するとよいのです。

成長ホルモン剤の副作用

成長ホルモン治療における副作用については、まれに、頭痛や吐き気、痛みや注射の後が残る、眠気などといった症状があります。しかし、一過性のものがほとんどで、基本的に深刻になるようなものはないと考えられます。