成長ホルモン剤を使った治療法

成長ホルモンは基本的に、口から摂取できないので、注射での投与となります。



成長ホルモン注射療法とは、成長ホルモンの分泌が足りない時に、注射で成長ホルモンを補うものです。



主に成長ホルモンの分泌不全を起こしている「成人成長ホルモン分泌不全症」や「成長ホルモン分泌不全性低身長症」の子供の治療に使用されます。




また、大人の場合、美容や若返りを目的として使用されることも多いです。



成長ホルモン注射は在宅注射で、成長ホルモン分泌不全性低身長症治療の場合は毎日1回、寝る前に腹部やお尻などに成長ホルモン剤を注射します。



お子さんは自分では接種できないので、大きくなるまでは親御さんが接種することになります。



皮下注射なのであまり痛みもありません。



副作用もなく安心です。




成人成長ホルモン分泌不全症の治療の場合も、毎日1回の接種を在宅で行います。



成長ホルモン注射を毎日の生活に取り入れていくことが大切なのです。



 

また、美容目的で成長ホルモン注射を投与したい場合は、美容外科などに相談しましょう。



糖尿病や癌などの疾患がある場合はそれらの持病を悪化させてしまう為に使用できないので、全身の検査をしてからの処方となります。




最近ではインターネットなどでも手軽に手に入る時代ですが、必ず医師の処方を受けるようにしましょう。



また、最近では注射より安いスプレータイプのものもあるようです。