大人成と長ホルモン剤

大人にも、「成人成長ホルモン不全症」という成長ホルモンの異常によっておこる病気があります。



これは、何らかの原因で成長ホルモンの分泌が妨げられている状態になる病気です。



主な原因として脳下垂体周辺にできた脳腫瘍が考えられますが、過去に受けた頭蓋内の手術や放射線照射、また外傷などが原因となることもあるようです。




また、幼少期に「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と診断された方もこの疾患にかかりやすいと言われています。



成長ホルモンの不足により、成人の場合では身長などではなく代謝に関係する症状が出てきます。



成長ホルモンには、脂肪分解機能や、血中のコレステロールを下げる働きがあるので、その働きが鈍り、中性脂肪が増え動脈硬化につながるのです。



また、心臓機能にも低下が見られます。



自覚症状としては、皮膚や体毛が薄くなる、骨や筋力が弱るので疲れやすく疲れが取れない、活力が減り気力の低下や集中力が低下する、性欲低下などが挙げられます。



治療は子供の低身長症と同じ様に成長ホルモン注射によって行われます。



体内に入った成長ホルモンは数時間後に最高の分泌量に達し、次の日には無くなってしまうので、基本的に毎日、同じ時間に接種するようにしましょう。



毎日の成長ホルモン分泌のリズムを作って、治療に専念しましょう。