アンチエイジングと成長ホルモン剤

成長ホルモンには、皮下組織の水分保持という大切な役割役割があります。



成長ホルモンが一番多く分泌される時期は13歳〜17歳の思春期です。



その頃のお肌は水分がきちんと保持されているので、潤いとハリがあります。



しかし、成長期が終わって25歳を過ぎると、お肌の老化が進行していきます。



25歳はお肌の曲がり角と言われる年齢です。



それは25歳を過ぎると、成長ホルモンの分泌量が半減するという根拠を裏付ける理由があるのです。



お肌の水分を保持する役目を持つ成長ホルモンの分泌量が下がれば、お肌にハリがなくなるのも当然です。



30歳を過ぎると、さらに分泌量は減っていき、ハリが無くなるだけでなく、だんだんシワやたるみも出てきてしまいます。



また、お肌以外に、成長ホルモンの低下で筋力も衰えるので、バストやヒップなども垂れ下がって、体形も崩れてくるのです。



これらの美容の悩みを解消するには成長ホルモンを補うことが必要となります。



成長ホルモン剤を投与する方法が1番効果的なようです。



方法としては年齢や治療方法にもよっても違いますが、1週間に4〜5回を半年〜9ヶ月くらいの間、投与します。




成長ホルモンはお肌の水分以外に筋肉にも働きかけるので、バストアップやヒップアップなどにもつながるのです。



また最近では、手軽に使える成長ホルモンスプレーというものもあるいうです。



調べてみてください。