成長ホルモン剤の副作用

成長ホルモンを人工的に外部から投与することには、副作用を心配している方も多いでしょう。



実際に、筋肉増強剤として使われていた成長ホルモン剤には、心臓への負担など副作用があったようです。



しかし、現在出回っている成長ホルモン剤には、副作用がないものがほとんどです。



治療初期に頭痛や吐き気を訴える方もいるようですが、ほとんどは身体の変化による一時的なものなので心配はないと思います。




また、子供の場合には、骨や関節の痛みを感じる方もいるようです。



これはおそらく、身長の伸びによっておこる「成長痛」と考えられるので問題ありません。



かえって、治療の効果が充分に現れているものと考えられます。



しかし、ずっと痛みが長引いたり、痛みが強い時には医師に相談してください。



また、これもまれですが、成長ホルモン剤を投与してすぐに眠気を感じることがあります。



これも、すぐに解消されるので心配はいりません。



治療をする時は、病院でも副作用の有無を確認しながら治療を進めるのであまり心配はないと思います。



まれに接種した場所によっては青あざのようになる場合もあるようですが、注射針の跡が残るということもあまりありません。



青あざも時間が経てば消えてしまいます。