成長剤の種類

成長剤は一般的には植物に使われるものと思われがちですが、最近では人間の身長を伸ばすという目的でも使われています。その成長剤として使われているのが、成長ホルモンという物質で、人間にとっては身長を伸ばすために欠かせないものです。

子供の低身長の悩み

自分の子供の身長が伸びないという悩みを持っている親御さんは、何が原因なのかをまず知りたいと思います。平均身長と比べてかなり身長が低い症状のことを、一般的に「低身長」と呼びます。

成長ホルモンと子供の低身長

低身長の子供は、病気が関係していることがあります。それには、成長ホルモンの分泌がうまくいっていないことが原因で低身長になっている場合があります。脳腫瘍など他の器質性疾患以外の突発性の成長ホルモン分泌不全の場合、治療には成長ホルモンを投与します。

大人の病気と成長ホルモン

大人の成長ホルモン分泌異常には、成人成長ホルモン不全症というものがあり、これに罹ると、代謝が下がり全身にいろいろと不都合が生じます。治療は、成長ホルモンの投与によって行われま。毎日同じ時間に摂取することが望ましいです。

低身長が疑われた時の対処

低身長症が成長ホルモンの分泌不全かどうか調べるためには、病院での受診科は「小児内分泌科」「内分泌内科」で見てもらうのが一般的です。まずは、かかりつけの医師に相談してみましょう。また、成長期に入る前に受診することで早期発見が可能となり、治療の効果も出やすいと思われます。早めに病院へ相談してみてください。

成長ホルモン剤による治療法について

成長ホルモンの分泌不全が低身長の原因だった場合は、成長ホルモンによる治療が必要です。成長ホルモン治療は在宅治療となり注射を接種します。皮下注射なので、ほとんど痛みもなく安心です。最近では簡単に扱えるいろいろな種類の注射器が出ているようです。

成長ホルモン剤の治療中の行為

成長ホルモン剤による治療にはいくつかの注意点があります。既往症がある場合にはこの治療法は行えない場合が多いです。しかし、成長ホルモンはもともと体内にあるものなので、少し体調を崩したくらいで投与をやめる必要はないでしょう。治療中であっても、規則正しい生活を心がけ、成長ホルモンが分泌されやすい環境を作ることが大切です。

成長ホルモン剤の副作用

成長ホルモン治療による副作用については、深刻になるような心配は基本的にはありません。ごく稀に、頭痛や吐き気、痛みや注射の後が残るなどといった症状も出るようですが、どれも一過性のものです。