大人の病気と成長ホルモン

子供の低身長に成長ホルモンが使用されると先述しましたが、「成人成長ホルモン不全症」というものがあり、これは大人で成長ホルモンの異常が見られるものです。



何かの原因により成長ホルモンの分泌が正常に分泌されない病気です。



主な原因としては、脳下垂体周辺にできた脳腫瘍が挙げられます。



しかし、過去に受けた頭蓋内の手術や放射線照射、または外傷などが原因になることもあります。



また、子供のころに成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断された方もこの疾患に罹りやすいようです。



成長ホルモンが足りなくなると、大人の場合では身長ではなく代謝と関係する症状が現れます。




成長ホルモンには、血中のコレステロールを低下させたり、脂肪を分解する働きがあるので、その働きが低下すると心臓の機能の低下や、中性脂肪が増え動脈硬化に繋がります。



自覚症状には、、皮膚や体毛が薄くなる、骨や筋力が弱るので疲れがとれない、活力が減り集中力が低下し気力も低下する、性欲低下などが見られます。



治療は子供の低身長症と同じで成長ホルモン注射が行われます。



体内に入った成長ホルモンは数時間後に最高の分泌量に到達し、次の日には無くなってしまいますので、基本的に毎日、同じ時間に接種するようにしましょう。



治療には、毎日の成長ホルモン分泌のリズムを作ることが大切なのです。