低身長が疑われた時の対処

自分の子供が周りの子供より身長がかなり低く原因を調べたい時にはどうすればよいのでしょうか?低身長症が成長ホルモンの分泌不全かどうかを調べる方法は、病院の「小児内分泌科」「内分泌内科」で診てもらうのが一般的です。



または、思春期外来など、成長に関する専門医がいる小児科でも良いでしょう。



しかし、まだまだ大学病院などの大きな病院でないと、このような外来を診察できる医師が少ないのが現実です。



また、大学病院に行くときには、紹介状があった方が診てもらいやすいと思います。




診察をスムーズに行う為にも、まずは信頼のできるかかりつけの医師に相談してみるのが一番です。



幼い頃からのかかりつけ医師であれば、これまでの成長記録なども詳しく知っていると思うので、紹介先の医師にも伝わりやすいでしょう。



では、受診する際の適切な年齢はあるのでしょうか?早期に発見し、治療をしたほうが、将来的に平均身長により近付けられる可能性があります。



子供の平均身長の差があまり大きくならないうちに受診した方がよいでしょう。



3歳児検診などでも指摘されることがあると思います。



低身長症は、なるべく早いうちから成長ホルモンによる治療を受け、成長を促していくことが理想です。



早く治したいのであれば、まずは病院を受診してみましょう。