成長ホルモン剤による治療法について

成長ホルモンが足りない子供は「成長ホルモン分泌不全性低身長症」という病気です。



低身長医師の受診を受けて、原因が成長ホルモンの分泌不全によるものだった時には、成長ホルモンによる治療が必要です。



足りない成長ホルモンを補わなければなりません。



この成長ホルモンの治療方法は注射を使用します。



病院ではなく、在宅注射なのでお子さんの場合には親御さんが接種することになります。



医師や看護士でもない自分が注射を接種するなんて不安に思われる方もいるでしょう。



しかし、医師や看護士からきちんと注射の仕方を教わりますので、何も心配いりません。



また、皮下注射なので、ほとんど痛みも感じません。



お子さんが怖がり嫌がってしまう場合には、お子さんが寝た後にそっと接種するのでも問題ないでしょう。



とても細く短い注射の針を、お腹や太もも、おしりに接種します。




また、最近ではとても簡単に注射できるペン型の注射器も登場しました。



なかには、圧力によって接種できる針のないペンタイプの注射器も出ているようです。



成長ホルモンの治療は長期にわたります。



成長ホルモン注射は毎日の接種が原則で、一番効果的なのは、夜寝る前(就寝後)の接種になります。