生物と成長促進剤

成長促進剤は、畜肉産業や園芸において使われるのが一般的です。しかし、最近では人間の身長を伸ばすという目的でも使われているのです。その成長促進剤に使われているのが、成長ホルモンです。

低身長の子供

自分の子供の身長がもし、周りの子供よりも明らかに小さい場合、何が原因なのかをまず知りたいと思います。。平均身長と比べて極端に身長が低い状態のことを、一般的に「低身長」と呼びます。

低身長の原因を突き止める

子供の低身長には、病気が隠れている場合があります。それには、成長ホルモンの分泌がうまくいっていないことが原因で低身長になっている可能性があり、脳腫瘍など他の器質性疾患以外の突発性の成長ホルモン分泌不全の場合には、成長ホルモンを投与する治療を行います。

低身長を医師に相談する

子供の身長が明らかに周りの子供より低過ぎる、という場合には、病院での受診科は「内分泌内科」や「小児内分泌科」で診てもらうのが一般的です。まずはかかりつけの医師に相談してみましょう。また、成長期に入る前に受診することで早期発見が可能となり、治療の効果も出やすくなります。なるべく早めに病院へ相談するようにしてください。

成長ホルモンによる成長促進剤の効用

子供の低身長の原因が成長ホルモンの分泌不全だったときには、成長ホルモンを使った成長促進剤による治療が必要です。成長ホルモン治療は在宅で注射にて行います。皮下注射なので痛みもなく安心です。

美容と成長ホルモンの成長促進剤の関係

成長ホルモンの分泌量は、美容にも大きな影響を与えます。一番分泌量が多い思春期には、肌のハリや潤いが保たれていますが25歳を過ぎたあたりから成長ホルモンの分泌量が半減してしまうので、肌だけでなく筋肉も衰え、バストやヒップも垂れてきます。これを解消するために、成長ホルモンを投与する方法があります。

成長ホルモンの成長促進剤の使用について心がけること

成長ホルモンを使った成長促進剤による治療は、いくつかの既往症によっては使用できない場合があります。また、美容目的で使用する場合は、保険適用が無く、高額な費用がかかります。最近では注射よりも安くて簡単なスプレータイプのものもでてきました。

成長ホルモンによる成長促進剤の副作用とは

成長ホルモン治療における副作用については、深刻になるほどのものはありません。まれに、頭痛や吐き気、痛みや注射の後が残るなどといった症状がありますが、ほとんどは一過性で時間の経過とともに消えてしまいます。