低身長の原因を突き止める

身長が周りの友達より小さい場合には、もちろん遺伝などによってどうしようもない場合もありますが、子供の低身長には、病気が隠れていることもあるのです。



まず、成長ホルモンの分泌に、何か異常がおこると成長障害がおきます。




成長ホルモンの分泌に異常がでて分泌量が減っていくと、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」という病気になります。



これは、成長ホルモンの分泌が足りなくなると骨を伸ばす為の「ソマトメジンC」を作れなくなるので、身長が伸びなくなるのです。



1歳頃から身長が年齢の平均身長よりもかなり小さく、2歳〜3歳になる頃には−2SD(2学年下の身長)よりも下回る状態になります。



この病気は、ほとんどの場合は原因がわからない特発性の発症となります。



何か他の病気が原因の場合も考えられます。



「器質性成長ホルモン分泌不全症」とは、脳下垂体やその周辺にできた脳腫瘍が原因で、成長ホルモンが分泌されなくなる為におこる病気です。



特徴は、それまで普通に伸びていた身長が、脳腫瘍ができた途端、突然伸びなくなるというものです。



この場合、手術で脳腫瘍を取り除けば治ります。




このように他の疾患に原因がある場合を除いては、成長ホルモンの投与による治療が行われます。



特に、成長期前の子供で周囲の子供と比べて極端に身長が低いという場合には、成長ホルモンの分泌不全による低身長症が疑われます。



日頃から注意深く子供の身長を気にかけてみてください。