低身長を医師に相談する

子供の身長の低さが、遺伝のようにどうにもならない原因とは違う、あきらかに異常な低身長だと疑いをもち、原因を調べたい、と思った時には、まず病院で医師に相談してみるのがよいでしょう。




低身長症が成長ホルモンの分泌不全かどうかを調べたいときには、病院での受診科は「内分泌内科」や「小児内分泌科」で見てもらうのが一般的です。



もしくは、思春期外来など、成長に関する専門医がいる小児科でも良いと思います。



しかし、そういった外来を診察できる医師が、大学病院などの大きな病院でないとあまりいないというのが現実です。



また、大学病院へ行くときは紹介状があった方が診てもらいやすいです。



診察をスムーズにする為にも、まずは信頼のおけるかかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。



幼い頃からのかかりつけ医師であれば、これまでの成長記録なども知っているので、紹介先の医師にも伝わりやすく診察もスムーズにいくと思います。



早期に発見し、治療を行うことで、将来的に平均身長により近付けて行くことが可能となります。



なので、子どもの平均身長の差があまり大きくならないうちに受診することをお勧めします。



低身長症は、なるべく早いうちから成長ホルモンによる治療を受け、適切に成長を促すことが理想的なのです。