成長ホルモンによる成長促進剤の効用

医師の受診ではいろいろと検査を行いますが、その結果、子供の低身長が、成長ホルモンの分泌不全によるものだと分かった場合には、成長ホルモンを使った成長促進剤による治療が必要です。



成長ホルモンが不足している子供は「成長ホルモン分泌不全性低身長症」という病気なので、足りない成長ホルモンを補う必要があります。



成長ホルモンを使った成長促進剤の治療は、注射での治療です。



インスリン注射などのように、病院で接種するのではなく、在宅注射なので子供の場合は保護者の方が接種しなければなりません。



医師でもない自分が注射を接種するのは何だか不安と思われる方も多いと思いますが、医師や看護士さんらにきちんと注射の仕方を教わるので心配はいりません。



また、皮下注射になので、痛みもほとんどありません。



お腹やおしり、太ももにとても細く短い注射の針を接種します。



子どもが怖がり嫌がってしまうときには、就寝後に接種しても大丈夫です。




また、最近ではとても簡単に注射できるペン型の注射器が開発されており、中には、針のない圧力によって接種できるペンタイプの注射器も販売されています。



成長ホルモン注射は毎日の接種しなければいけません。



最も効果を発揮できるのは、夜寝る前(就寝後)の接種です。