成長ホルモンの成長促進剤の使用について心がけること

成長ホルモンによる治療には、注意しなければいけないことがあります。



まず既往症の問題があり、心臓や腎臓などに疾患がある、糖尿病や悪性腫瘍がある場合には、成長ホルモン注射治療はできないことがほとんどです。



そして、小児の成長ホルモン分泌不全性低身長症など、なんらかの病的な要因によって低身長になっているときの治療のために処方され使用するときには、特定慢性疾患に認定されているので、治療費の負担は軽減されます。




大人の方の成長ホルモン治療は、保険は適用されてはいるのですが、病気の程度や体質によってだいたい1ヶ月に18000円〜20000円くらいかかると言われています。



しかし、成長ホルモン分泌不全などの病気以外、例えば美容の為に成長ホルモンの注射を行うことはとても難しく、行っているクリニックもあまりないですし、費用も保険適応外となっているので、200万以上かかるようです。




そこで、注射よりも安くて手軽に行えるスプレータイプの成長ホルモン投与法が登場しました。



もし、成長ホルモンの分泌不全による低身長症以外の目的で、アンチエイジングや美容、バストアップなどで成長ホルモンの投与を考えている方は、スプレータイプの方法も頭に入れておくとよいかもしれません。