成長ホルモンによる成長促進剤の副作用とは

さて、成長ホルモンは低身長以外にも、美容目的においても効果が期待できることがわかりました。




しかし、これらの症状や老化が成長ホルモンによってよくなるのはよいのですが、成長ホルモンを外から人工的に投与しても、副作用はないのでしょうか。



基本的に低身長症治療での成長ホルモン注射には、ほとんど副作用はありませんが、治療初期に頭痛や吐き気を訴える方もわずかですがいます。



また、骨や関節の痛みを感じることもあるようです。



これは一過性のものがほとんどで、身長の伸びによっておこる「成長痛」であると思われますから、治療の効果が充分に発揮されているものと考えられます。



しかし、痛みが強い場合や、ずっと痛みが長引くような場合は医師に相談してください。



治療を進めるにあたっては、病院でも副作用の有無を確認しながら治療を進めるので安心できます。



注射針の跡が残るという心配もありません。



ごく稀に接種した場所によっては青あざのようになる場合もありますが、時間が経てばほとんど消えてしまうので問題ないでしょう。