男性ホルモンと女性ホルモンの違い

れているホルモンが男性らしさを作りだすのです。



具体的にテストロゲンは、男らしい体つきをつくるほか、ヒゲやすね毛などの体毛の発育を促したり、たんぱく質を筋肉や内臓に変える手助けをしたり、皮脂の分泌を促進します。



また、性欲を高める働きもしているのです。



このように、男らしさを強調させる働きをもつ男性ホルモンですが、実は女性の身体の中でも、男性ホルモンは作られています。



男性の体内でだけ分泌されているものではありません。



同じく、男性の身体の中でも女性ホルモンは作られているのです。



しかし、女性には男性ホルモンを作る精巣がありませんし、男性には、女性ホルモンを作る卵巣がありません。



では一体、どこで作られているのでしょうか。




女性の身体の中にある男性ホルモンは、卵巣で作られています。



男性は、コレステロールから、弱男性ホルモンとよばれるものが作られていて、これが変化することで女性ホルモンが作られているのです。



ちなみに、男性の中にある女性ホルモンは、女性に比べてその量は、半分程度しかありません。



女性ホルモンは、わずかな量でかなりの影響力があるホルモンで、実は女性の体内の男性ホルモンは、女性ホルモンよりも10倍程のの量があると言われています。



2つのホルモンは元来構造が大変似ています。



よって、酵素のちょっとした働きによって全然違う働きをするホルモンに変化してしまうのです。