男性ホルモンを増やす行為

男性ホルモン、その中でもテストステロンを増やすためには、趣味や好きなことに熱中する方法や、変な言い方かもしれませんが、不安定な精神状態を作り出す方法があります。



具体的には、趣味や好きなことに熱中することによって、働きが鈍ってしまいがちな大脳片縁系が刺激され、テストステロン分泌を促すことができるのです。




また、恋愛をすることで不安定な精神状態となります。



恋愛で感じるワクワク感やドキドキ感は、精神を不安定にさせます。



精神が不安定になると、テストステロンは増加すると言われています。



そして、大脳辺縁系を刺激するという点で、同じ様な働きをするのが、映画やドラマを観て感動するというものです。



人は感動をすると、テストステロンの分泌は増えるのです。




この他に、運動をすることによって男性ホルモンを消費させ、必要量が増加したと認識させ、男性ホルモンをいつもよりも多く分泌させるという方法もあります。



この場合には、汗ばむくらいの運動でも十分効果があり、しばらくの間分泌量を維持できるとされているので、激しい運動をする必要はありません。



男性ホルモンを作る生殖器は、脳の中の大脳辺縁系の視床下部と脳下垂体の命令によって動いています。



よって、このような脳を刺激する方法もとても有効です。




また、運動などの男らしい生活によっても、同じ様な効果が期待できるのです。