頭髪の薄さと男性ホルモン

男性ホルモンは、男らしい体つきや活力を生み出してくれるために欠かせないホルモンですが、男性ホルモンが多過ぎても生じてくる問題があります。



まずひとつに、誰もが一度は聞いたことがあると思いますが、「男性ホルモンによって頭髪が薄くなる」という話です。



これ以外にも「女性ホルモンを増やして、男性ホルモンを極端に減らせば髪が薄くなることを防げる」や、「男性ホルモンの分泌を促進する性行為は髪が薄くなる原因になる」などということも、よく言われています。



男性は成長とともに、テストステロンが変換酵素の働きによって、デヒドロテストステロンというホルモンに変換されます。



この変換されたホルモンの働きによって頭髪が薄くなると言われているようです。




しかし、全く正反対の意見もあるので、現在でもなぜ頭髪が薄くなるのかはっきりとした理由ははわかっていないようです。



けれども、アメリカのハミルトンという人物が行った実験によると、頭髪が薄くなってきた男性を去勢したらハゲの進行が止まった、思春期前の男性を去勢したら頭髪は薄くならなかった、などの実験結果も出ているのです。



あくまでも遺伝素因があるというレベルですが、「頭髪の薄さは遺伝する」という説も否定はできないようです。



同じく男性ホルモンも全く関係がないとは言えません。