食べ物と男性ホルモン

まず、女性ホルモンのような働きをすることで有名な大豆イソフラボンで。



これは豆類や豆腐、納豆などの大豆食品に含まれています。



特に豆乳には強い効果が期待できます。



この大豆イソフラボンには男性ホルモンの分泌を抑える働きがあります。



大豆イソフラボンを積極的に摂れば、男性ホルモンの分泌を抑えることができるでしょう。



このことから、男性ホルモンの分泌を促進させるには、大豆イソフラボンを含んでいる食べ物をあまり食べないようにして、逆に男性ホルモンの分泌を抑えたときには、大豆イソフラボンを積極的に摂ればいいのです。



これ以外にも、甘い食べ物や動物性の脂ものには、男性ホルモンの分泌を抑制する働きがあると言われていますし、緑茶も同じ様な働きをします。



男性ホルモンを活性化させる食べ物には、亜鉛を多く含んでいる煮干しは効果的だと言われています。



さらに、アジやサバなどの魚類、ワカメ、牡蠣、なども男性ホルモンを活性化させるようです。