男性ホルモン剤とは?

男性ホルモンは、注射によって増やしたり、補ったりすることもできます。



主に、性同一性障害や男性更年期障害などに適用されています。



男性更年期とは、最近までその症状は認められていませんでした。



男性ホルモンが減っていくと男性更年期になると言われています。



男性更年期が認められていなかった理由は、女性更年期障害の場合、閉経を目安に急激にホルモンが減少しますが、それに対し男性の場合には、ホルモンの減少速度もとても緩やかで、個人差もかなりあることが挙げられます。



具体的な症状としては、うつ症状や不眠、ほてりや冷え、さらに性欲の減少や倦怠感などがあるようです。



男性更年期障害のほとんどの人がうつ症状を確認できるというほど、男性更年期障害は、よくうつと間違えられる病気のようです。



男性更年期障害は判断が難しい病気でなので、こういった症状に少しでも心当たりがあるという人は、一度男性ホルモンの量をチェックしてみるといいかもしれません。




この男性更年期障害の治療には、男性ホルモンの注射を投与するのが最も一般的であり、内服薬よりも副作用もなく、安定性でも勝っています。



治療方法としては、2、3週間に1回程度、医療機関に通い、男性ホルモンを注射します。



効果にはもちろん個人差がありますが、早ければ注射直後から効果を感じる人もいるようです。



ですが、もちろん短所が全くないわけではありません。



男性ホルモンを注射することによって考えられる副作用としては、前立腺癌や前立腺肥大症、肝機能障害、女性化乳房、多血症、睡眠時無呼吸、浮腫などがあります。



ほとんどこのような副作用が起こることはありませんが、この中でも浮腫や多血症は起こりやすいと考えておいた方が良いかもしれません。



ほとんどんどこういった副作用が起こることはありませんが、浮腫や多血症は比較的起こりやすいと考えておく必要があるかもしれません。




また、治療中に子供を作りたいと考えている方には不向きと言えるでしょう。



なぜなら、精子の数が減少してしまうからです。



子供を欲しいと考えている方には、あまりお勧めできません。