背が高くなる時期を知る

生まれたての赤ちゃんの身長はおおよそ50センチあるかないかといったところですが、その後成長して、その2.5〜3倍以上にまで伸びます。



また、どれだけ伸びたかについては個人によってかなりの差がでます。




こうして世の中には背の高い人もいれば、背が低い人もいます。



生まれた時には背の高さは個人差が少ないのですが、大人になると背の高さがずいぶんと差がでるのはどういう理由からでしょう。



あなたは自分の身長がいつごろ伸びたのか記憶しているでしょうか?

おそらく、成人するくらいまでの間、遅くとも25歳くらいまでだったのではないでしょうか。



それを考えると、人の背が高くなる時期というのは誰でもある程度共通しているのかもしれません。




もちろん、多少早かったり遅かったりと個人差はあるでしょう。



ですが、誰でも「成長期」というものが訪れるのは確かで、この時期にぐんぐん身長が伸びるようにできています。



けれども、あなたは、もしこの時期にどうして背が高くなっていったのかと聞かれて、答えられるでしょうか?

実はそれにはさまざまな理由があります。



大きく2つに分けられるでしょう。



まずひとつは脳下垂体から分泌される成長ホルモンという物質が関係していることがわかっています。



次に、骨の成長を促し、身長を大きくする役目をしている骨端線という骨の部位が関係しています。




それでは次に、人間の背が高くなるのはなぜかということを具体的に見ていきたいと思います。