背が高くなる生活習慣を知りたい

子供の背の高さを左右する要因のうち、遺伝的な影響というのは実は全体の約2割程度とされています。



残りの8割は、別の要因によって、子供の身長が大きく左右されるようです。




その8割の内容は、先天的なものではなく、要するに生活習慣によって影響されると考えられています。



ですから、遺伝的な側面から言って、背が高くなりそうもない子供だったとしても、後天的な努力によって背が高くなる可能性は十分にあるということです。




つまり、両親が子供の背が高くなるのに理想的な生活環境を用意してあげられるなら、子供の身長を伸ばすことは不可能ではないわけです。



生活環境といっても、特別なことをする必要はないのです。



例えば、定期的に運動をする、栄養バランスのとれた食亊をきちんととるようにする、また、睡眠時間を削らないといったことに気をつけることです。



すると身長が伸びやすくなるでしょう。




遺伝的要素に左右される身長ですが、その後の生活習慣次第ではいかようにもできるということがおわかりでしょう。



それを考えると、子供がそれなりの年齢に達するまでは、両親がわが子の生活習慣について万全のコンディションにしておく必要があるでしょう。



両親にはそうする責任があるのではないでしょうか。



生活環境を万全にして、子供の背を少しでも伸ばす努力をするのは大切なことです。