背が高くなるために睡眠を習慣づけ

睡眠は、背の高さを左右する上で、食生活と並んで大切なものです。



昔からよく聞くのが、「寝る子は育つ」ということわざ。



実はこれは理にかなった言い回しです。




ぐっすり眠るということを心がけるだけでもかなり違いはあると思いますが、もう一歩深めてこの睡眠というテーマについて取り組んでみると、より高い効果が期待できると思います。



また、同時に、睡眠を妨げるといわれる、パソコン操作、コーヒーの摂取などを控えるようにしたり、深い眠りへとスムーズに移行できるように生活改善することも大事ではないでしょうか。




睡眠の仕組みは浅い睡眠と深い睡眠、すなわちレム睡眠とノンレム睡眠の2種類を繰り返すのが特徴です。



ノンレム睡眠は就寝後30分ほどで訪れ、その時に成長ホルモンが分泌されると言われています。



また、23時から2時までの時間帯にも分泌が盛んになるとの説が有力です。



そのため、この条件を叶えるように生活習慣を改善することによって、身長を伸ばすことに対してプラスの効果が得られる可能性が高まるのです。



 

また、わが子の身長が伸び悩むことがないようにと願うならば、子どもがテレビゲームなどに熱中して夜更かしするなどの悪習慣をただちにやめさせるべきです。



それでなくとも、最近の子供たちは夜遅く寝る傾向があるのです。



親御さんがちゃんと見守って、コントロールしてあげてください。