子供の背が伸び悩むのを防ぎたい

自分の背が高くない場合、わが子も同じくらいの身長でストップするのではないかと心配になるもの。しかし、背の伸びる度合いは必ずしも遺伝だけが決め手ではないのです。例えば、子どもの背が伸びるように、生活習慣を改善させることもできるはずです。

人間の背が伸びる理由とは

なぜ人の背は伸びるのでしょうか。それは、骨にある骨端線の軟骨細胞が繰り返し成長および増殖し、骨が伸びるから。それによって背が高くなるのです。成長ホルモンという物質は、その軟骨細胞の増殖と成長を促進させます。

成長期になぜ背が急激に伸びるのか

人の身長は、成長期を過ぎれば、伸びなくなります。なぜかというと、成長期が過ぎると背を伸ばすのに必要な骨端線が無くなるのが普通だからです。成長期を過ぎれば成長ホルモンも分泌される量が減ってしまうことが多いのです。

成長期に背が伸びるよう対策を立てる

成長期に背が伸びるようにするための対策としては、以下のことを心がけてください。骨が伸びやすくなるよう、栄養の偏らない食事をとること、また、成長ホルモンの分泌を促すためにたっぷりの睡眠をとること、運動によって食欲と質の良い睡眠を確保することです。

子供の背が伸びる食べ物が知りたい

背が伸びるために必要な栄養素はたんぱく質とカルシウム。ただし、これらを含む食物は多くの場合、脂肪も多いのが特徴です。ですから、できるだけ低脂肪のものを選びたいものです。

子供の背が伸びる睡眠法をチェック

睡眠は、子供の背を伸ばすためには、大変大切な要素です。どうしてかというと、睡眠中に成長ホルモンの分泌がもっとも盛んになると言われているからです。また、実際に眠っていなかったとしても,体を横たえるだけでも、重力が背丈の伸びを抑えるのを防ぐ効果があります。

子供の背が伸びる運動の情報

子供の背が伸びるために効果のある運動として、バスケットボールやバレーボールなどが挙げられます。これらは上下運動が多いためよいとされます。しかし、子供がやりたがらないのに無理強いするのはおすすめできません。かえってストレスにより背が伸びにくくなる恐れがあるからです。

子供の背が伸びない病気があるって本当?

まれに子供の身長が伸びないケースで、病気が原因の場合があります。様々な原因が考えられますが、多くの場合、脳下垂体が正常に働かなくなることにより、成長ホルモンの分泌が異常になっていることが原因です。