子供の背が伸びる食べ物が知りたい

子どもの頃よく耳にしたのが、小魚を食べると背が伸びるとか、牛乳を飲むと背が高くなるといった話です。



でも、牛乳を毎日飲んでいるのに背が低い子もいましたし、本当に背の高さと食べ物って関連があるのだろうかと疑問が湧きますよね。




その疑問について考えてみたいと思います。



確かに、背が伸びるためには、たんぱく質とカルシウムは欠かせないものです。



一番必要なのはたんぱく質でしょう。



骨や筋肉を成長させるため、背が伸びることと切っても切り離せないのがたんぱく質だと言って間違いないでしょう。



また、カルシウムは骨を強くします。



カルシウムが豊富に含まれているのは、チーズや牛乳などの乳製品です。




一方、タンパク質は、大豆や肉、魚に多く含まれています。



しかし、背を伸ばしたい一心で、肉や魚ばかりどんどん食べたり、カルシウムをとろうと牛乳をがぶ飲みしたりしても、肥満になる危険が高いので注意してください。



肉や魚も、脂肪分が多いですから、食べすぎないようにしましょう。



できるだけ脂肪分の少ない赤身の肉や魚を食べるといいと思います。



なお、「畑の肉」と言われる大豆は高たんぱくで、カロリーは低いので、多くとって大丈夫です。




栄養バランスを考えて食事をすることが、背が伸びるための最適なアプローチなのです。



食生活を整えることは「背が伸びるために必要なアプローチ」というだけでなく、健全な肉体を作ることにも結びつく忘れてはならない鉄則です。