子供の背が伸びる睡眠法をチェック

睡眠をたっぷりとるということは、子供の背を伸ばすためには、どうしても欠かせないものです。



なぜかというと、睡眠によって、成長ホルモンの分泌が促進されます。




成長ホルモンの分泌される量が増える時期があり、睡眠中もまたそのひとつとされています。



背を伸ばすためには、睡眠時間をしっかりと確保することができるかどうかがカギになります。



また、背が伸びる可能性を高めたいなら、体を横たえるということも重要なポイントになります。



体を横たえると、人は重力の負荷をほとんど受けなくなります。



重力が体にかかると、背が上へ伸びようとする力を逆に抑制してしまうのです。



ところが体を横たえれば背が伸びる方向には重力の負担を受けることがなくなります。



その結果、背が伸びやすくなるようです。




寝付けない時には起きあがってしまう子どももいますが、背を伸ばしたければ、寝付けなかった場合でも、横たわっているだけでも効果があります。



子どもは夜遅くまで起きていないで、早めの就寝を心がけ、なかなか寝付けなくても、起き上がらずに横にならせておくのがいいのです。



ですから、子供は毎晩、必ず定刻に寝かせるようにしてください。