質の良い睡眠で背を伸ばせるかどうか

心地良い眠りを誘うといわれる枕や寝具、寝巻などの快眠グッズはいろいろ出回っています。



休養を十分にとり、ヘルシーな毎日を過ごすという考え方の他にも、質の良い睡眠を心がけることは、背が伸びる方法としても欠かせないこととされています。




なぜかというと、睡眠と成長ホルモンの分泌は密接な関係にあるとされるからです。



特に、眠りについた後30分ほどで訪れる深い眠りのサイクルすなわちノンレム睡眠が関係しているのです。



また、背が伸びるためには、眠る時間帯も重要なファクターです。



夜11時から午前2時までの間に、ノンレム睡眠がくるようにセットできれば、成長ホルモンが大量に分泌されるといわれているのです。



この時間帯にノンレム睡眠が訪れると、背を伸ばす効果を最大限に持って行くことも可能かもしれません。




寝床に入ってすぐに寝付けない人は、冒頭で紹介したグッズを購入したり、入浴やストレッチなどをすることで、すこやかな眠りを誘導することを心がけてください。



体内時計を健康的な状態にリセットするという考え方にもとづき、朝日をちゃんと浴びることも重要です。



同様に、眠る前の食事やカフェイン、タバコの摂取などは慎むということも必要です。




部屋は電気を消して暗い状態にして眠るようにしましょう。



快眠のためにも、成長ホルモンが分泌されるように、睡眠環境をコントロールして、就寝したいものです。