配色によって背を高く見せる効果

単純に背を高く見せる方法として、足元にシークレットシューズやインソールを用いる他にも、視覚的な効果を利用して、服装を工夫するという方法もあります。



そのひとつが、服装の配色によって見た目の印象をコントロールするテクニックです。




これから具体的にご紹介したいと思います。



背を高く見せるのに色が関係あるなんて、本当だろうか?と疑問をもつ人も多いかもしれません。



しかし、色によるビジュアル効果というのは実はとても大きな効果があります。



色は大きく分けて、「膨張色」と「収縮色」があり、その名の通り、膨張色は大きくふくらんで見える色、収縮色は小さく縮んで見える色を表しています。




例えば、もっとも膨張して見える色は白ですし、反対に黒は一番小さく見える色とされています。



また、色の明度によっても、見かけの印象は左右されるといわれています。



すなわち、明度の低い色合いの服を積極的に着用する事によって、視覚的に収縮して見せることが可能で、その結果、背が高く見えるわけです。



ですから、普段着ている洋服の色が、淡い中間色がメインという人は、寒色系を中心とした黒っぽいものに変えてみると印象が変わるのではないでしょうか。




ファッションはどうしてもその人の趣味や好みが素直に反映されますから、今まで中間色系を着ていたのに、突然寒色系に変えるのは戸惑うかもしれませんが、新しい魅力を発見するつもりで、ぜひ新しいカラーで冒険してみてはいかがでしょうか。